業界記事

公園や総合病院多数/基地跡地利用の市民意見

2004-07-16

 朝霞市はこのほど、キャンプ朝霞跡地利用に関する意見募集とアンケートの結果を明らかにした。市民からの声で最も多かったのは、公園など憩いの場。そのほか総合病院、ショッピングモール、美術館、科学館などが挙げられている。
 市では10月をメドに有識者などで構成する計画策定委員会を立ち上げる予定。今回の調査を参考資料にして、新たな利用計画の策定を進める。
 意見募集は5月10日から6月30日までの期間に行い、25件が寄せられた。全体的な傾向としては、「自然を生かした利用を希望する声が多く見られる」という。一方、アンケートは、6月6日と20日に行った基地跡地見学会の参加者を対象に実施したもの。参加者計112名のうち、91名から回収した。
 そのほか市民意見の主なものは、自然植物園、イベントホール、野外音楽堂、高齢者福祉施設、平和資料館、図書館の拡充、スケボー広場など。
 同跡地の面積は19・4ha。これまでに職員が作成した現行計画案では、浄水場、ハローワーク、仮称・総合活動センターなどの整備ほか、16・4haの大規模な公園・緑地が位置付けられている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野