業界記事

10月上旬発注へ/三国線拡幅工事

2004-07-17

 市道三国線の道路改良工事を促進している渋川市は、今年度にL約100mの道路拡幅工事を計画している。工事は、10月上旬には発注され、農地の刈り入れを待ってから着工する。
 工事は、現道のW5~6mをW10・5mへ拡幅する。車道幅は6・5mで、両側歩道となる。
 同事業は、平成6年度からスタートし、今年度までに1・22kmの区間で工事を発注している。総事業費は約7億円を見込んでおり、全体工事延長は南側の高若寺交差点から北側は行幸田保育園南の交差点までの1550m。完成は18年度までを予定している。
 同線は現在、一般県道高崎渋川線のバイパス的な機能を果たしており、将来的にも高渋線のほか、同市で事業を促進している市道辰巳町有馬線、また県で施工を進めている高渋バイパスと併せて、市街地と郊外を結ぶ重要な路線に位置付けられている。。
 詳細設計は、技研測量設計(前橋市下小出町1-15-3電話027-233-2761)が担当した。
 工事費は、当初予算に用地購入費、電柱移設補償費と合わせて5003万7000円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野