業界記事

認可後、再検討へ/総合社会体育館の設計

2004-07-17

 (仮称)総合社会体育館の建設を計画している笠懸町社会教育課は、早ければ8月にも県内外の設計8者程度を指名し、プロポーザル方式で11月にも最優秀を特定するとしていた予定を、事業認可が遅れていることと合併問題など、新たに検討することが山積みとなり、事業認可取得後に検討委員会を開き、新市建設計画に盛り込むか、町単独予算で行うかなどを検討してから設計を委託する考え。委託時期については未定となっている。
 同事業は、町の体育・スポーツの拠点施設として社会体育館の建設を計画しているもの。現在までに町長を中心とする建設委員会の中で、アウトラインをまとめたが、より具体的な方向性を出すため基本構想を策定する。これまでの話し合いで、規模については延べ床面積4000㎡程度、平屋建てで整備し、観客席を確保するため一部2階建てとなる見込み。
 今年度は新体育館整備事業設計提案者報償として80万円を計上しているほか、関連委託費2147万円を予算化している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野