業界記事

来月にも工事発注/L240mの道路工

2004-07-17

 国道353号鯉沢バイパス建設の2期工事を促進している県渋川土木事務所は、今年度にL240mの道路工を計画しており、8月にも入札となりそうだ。
 同バイパス2期工事分は、現道の国道17号と同バイパスの吹屋交差点から現道の国道353号までの1・4km(W14m)区間で、これまでに(仮称)鯉沢川橋の建設工事を完成させているほか、550mの道路工を促進している。
 設計は、技研測量設計(前橋市下小出町1-15-3電話027-233-2761)が担当した。
 同事業は、国道17号と国道353号が合流する鯉沢交差点付近の交通渋滞が慢性的に起こり、地域住民の長年の懸案となっていたため昭和63年度から事業着手した。特に観光シーズンはスキー客などの交通集中による渋滞が激しく、草津方面と渋川伊香保インターチェンジまでの円滑な通行を目的に17号バイパスと合わせて計画された。
 総事業費は1期工事と合わせて57億7500万円を試算している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野