業界記事

ストック計画まとむ/西中之条団地は設計

2004-07-16

 中之条町は、このほど「町営住宅ストック総合活用計画」を策定した。それによると、同町では現在、9団地25棟118戸の町営住宅を管理しており、その多くが昭和30年代後半に建築され、老朽化が進んでいるものが目立つ。このため、同町では比較的新しい第2小川団地、永田原団地、中之条団地を有効に活用しながら、その他の団地の建て替えなどを進めていきたいとしている。
 その中で、今年度から、最も建設年度が古い西中之条団地に代わり(仮称)西中之条団地の建設を計画。初年度となる今年度は設計業務を実施する方針で、当初予算に410万円を計上した。
 委託時期については、同事業の補助決定を待ってからとなる。また、工事着手に向けてのスケジュールなども未定で、今後の検討項目としている。
 現在、同町西中之条には既存の西中之条団地、4棟7戸が整備されているが、老朽化が激しく空き家も目立つようになってきたため、既存施設の道路を挟んだ北側に新たな住宅を設置する。建物規模などは今後設計を進め具体化するとしているが、全8戸を予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野