業界記事

8月から工事発注/内郷地区担い手育成

2004-07-14

 内郷地区で県営整備(担い手育成型)事業を進めている県館林農村整備センターは、今月中にも詳細をまとめ、8月中に測量などを委託。早ければ同月中にパイプライン工事や補完工事、地元の要望箇所の修繕工事等を行う予定。今年度は執行予定額として、事業費1億円を予定しているが、春先の補完工事等で予算的に配分が厳しくなり、今年度に予定していた区画整理5haを17年度に見送る方針。
 内郷地区は、県東部の低平地に位置する。同事業は、稲作を中心とした施設野菜(キュウリ)との複合農業形態であるが、現況農地は昭和20年代に造成された10アールの小区画で、機械を導入した作業に支障をきたしており、今回の関連事業の実施により、機械化農業への対応と担い手への農地の集約を図り、地域農業の活性化と安定化を確保するなど、農地の大区画化と併せて道路・用水路・排水路整備を周辺環境に配慮し実施していくもの。対象地区は、板倉町海老瀬地内の水田を対象とした全体面積52・3ha、受益面積52・3ha(水田42・4ha、畑9・9ha)で、整地工52・3ha、暗渠排水工42・4ha、客土工50・1ha、ハウス移転一式、用地整備3・1haを整備するもので、16年度は区画整理5ha、付帯工事一式、補償及び測量試験一式を予定している。
 設計については、13年度にほ場整備工設計・事業変更概要書作成・地区界測量をアジア航測(前橋支店=前橋市元総社町142-1電話027-253-3353)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野