業界記事

都市計画マスタープラン/羽鳥駅を町の顔に

2004-07-15

 住民主導・行政支援で策定を進めてきた美野里まちづくり計画(美野里町都市計画マスタープラン)がこのほど、まとまった。この計画は、平成14年8月に発足した「美野里まちづくり会議」が中心となり策定したもので、概ね20年後の町の目指すべき将来像やその実現に向けた方針が示されている。この中で、特に実現化を目指す主な事業として<1>直売所を介した生産者・消費者の交流<2>竹原の里山づくり<3>羽鳥の園部川を生かした公園づくり<4>堅倉の里山公園づくり<5>納場の巴川流域整備-などが挙げられている。
 まちづくり計画の主な概要は次のとおり。
【ビジョン(美野里町が目指す町の将来像】
◆美野里町は長く農業をなりわいとし、自然の恵みにより発展してきた町である。これまで農業で培ってきた知恵や生活文化を大切にし、これからも自然を育みながら、住民だれもが住みやすい美野里町、町外からも人をひきつける魅力をもった美野里町を、住民が主役となって、計画し実現していく。
【まちづくりの基本目標と方針ービジョンを実現していくための具体的な目標と方針ー】
◆土地利用=目標<1>、生活の必要性と長期的なまちづくりとが調和した、次代に誇れる土地利用を進めていく
 ・町全体のバランスや将来的な発展の姿を考えながら、計画的な開発が進められるような仕組みをつくっていく。
 ・それぞれの地域の特性に応じた住環境のルールをつくっていく。
 ・工場や大型店舗などの建設は、周辺の自然環境や地区の特徴に配慮した外観や構造を重視していく。
 ・すべての開発は農業振興地域整備計画との調整を特に図り、農業との関係を重視して進めていく。
◆まちの骨格=目標<2>、直径が10km近くある大きな美野里町に、中心軸をつくりあげていく
 ・常磐線をまたぐ幹線道路としての羽鳥宿・張星線と、生活道路である羽鳥停車場・池花線(けやき通り)を町の東西中心軸に育てていく。
 ・羽鳥停車場・池花線(けやき通り)沿道の乱開発を防ぎ、町の中心軸としてふさわしい散歩やジョギングがたのしめる、人のふれあう場として整備していく。
 ・羽鳥駅西の駅前広場整備、羽鳥駅東西の歩行者通行のバリアフリー化、周辺道路の拡幅・整備を推進し、駅東の大規模施設の用途転換の検討も併せて行い、だれでもが使いやすい駅にしていく。
 ・駅周辺の景観整備を進め、羽鳥駅を美野里町の顔にしていく。
◆道路整備=目標<3>、みんなが快適で、安全・安心と思える道路を整備していく
 ・子どもたちが安心して通学できる道路を整備していく。
 ・自動車交通量の多い幹線道路には、歩道・横断歩道を整備していく。
 ・公共施設や地区を有機的に結合する道路整備と広域幹線道路の整備推進を図り、道路網を確立していく。
 ・健康づくり、ふれあいの場、景観などを意識した、歩くことを楽しめる道を整備していく。
◆農業=目標<4>、まちづくりにとっての農業の価値をみんなで考え、生産者と消費者と行政が一体となり、町の農業を育てていく
 ・美野里町にはシビックガーデン・直売所・花木センター・希望ケ丘公園コスモス畑のように町外の人々が多数訪れる施設や場所がある。それらを有機的につなげ、町外の人々をひきつける魅力を高めていく。
◆自然=目標<5>、美野里町の自然を、みんなの生活のなかで、大事に育てていく
 ・きれいな水辺を取り戻すため、公共下水道整備事業、農業集落排水事業、合併浄化槽の設置を推進し、住民主役での河川水質浄化活動を積極的に支援していく。
◆景観・歴史=目標<6>、後世になっても原風景に出会えるように、自然景観やまちなみ、歴史的空間を大切にしていく
 ・建物をつくる時には、周辺の自然環境やまちなみを配慮していく。
◆福祉=目標<7>、住民が、気持ちよく町なかで活動できるように、だれもが利用しやすい施設や交通手段を整備していく
 ・役場、公民館、学校、駅、公園などの公共用施設は段差の解消や手摺り・滑り止めの設置、トイレの洋式化などのバリアフリー化を推進していく。
 ・高齢者や障害者の立場に立って、横断歩道の設置、車椅子対応の歩道整備、段差の解消など、道路の見直しを推進していく。
◆安全・安心な居場所=目標<8>、すべての住民が自分の居場所と思えるような、安全・安心な自分たちの場所をもてるようにしていく
 ・公園などの公共施設を、災害時の避難所として利用できるように機能を高めていく。
◆ふれあい=目標<9>、まちづくりはあいさつからはじまる。あいさつしあう文化を育て、住民たちがお互いに顔見知りになれる、ふれあいの場所を増やしていく
◆推進体制=目標<10>、住民が主役となって、まちづくりに取組める仕組みをつくっていく
【地区別計画】
◆竹原地区
◇目標=緑豊かな歴史の大地を、人と人のふれあいを通して、未来につなぐまち
◆羽鳥地区
◇目標=羽鳥駅と園部川周辺公園を核とした、人と人とのふれあえるまち
 ・自動車と歩行者がお互いに快適に共存できる、利便性と安全性の高い道路整備を進めていく。
 ・町の玄関口である羽鳥駅の立地を活かして、人々が集まるにぎわい空間をつくっていく。
◆堅倉地区
◇目標=水と緑と歴史がかがやく、やすらぎのまち
 ・生活に豊かな彩りを添える、身近な雑木林を再生する里山公園づくりと遊歩道ネットワークづくりを住民が中心となって進めていく。
 ・生活にやすらぎや潤いをもたらす自然景観を守っていくための沿道整備と安全で快適な道路の整備を進めていく。
◆納場地区
◇目標=豊かな自然のなかに、人々の歓声が沸き上がるまち
 ・歩行者は安心して歩け、自動車は事故の起こらない、快適で心がなごむ道路づくりをめざしていく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野