業界記事

3分離で8月一般/藤沢保育園の移転改築

2004-07-14

 深谷市は、6月補正予算で継続費に組み替えた藤沢保育園建設は、8月の一般競争入札で、本体を3分離発注する方針。外構工事は年度末の入札予定。予算は、16年度2億990万9000円、17年度1億1205万円の年割額で、合計3億2195万9000円。
 同保育園は、旧藤沢公民館横にあるが、施設老朽化などから移転改築する。建設地は、藤沢生涯学習センター・藤沢公民館の西隣、3840㎡。
 施設規模は、施設規模は、S造平屋建て、延べ床面積1093・4㎡。外壁は、ALC板張り付け仕上げ。設計は、横田綜合設計(深谷市、電話048-573-8899)がまとめた。
 発注は、本体が建築、電気、機械の3分離で、8月の入札で、17年5月までの工期を設定。外構工事は、17年3月の一般競争で、6月までの工期。外柵・出入り口工事、舗装工事、遊具設置工事の内容。
 同工事は、一旦単年度事業として、一般競争で告示したが、国庫補助の関係から2か年継続に変更している。従前の発注では、建築が、市内特A、A級および市外は、熊谷、本庄県土整備事務所管内の1000点以上。電気は、市内A、B級。機械は、市内の管A、B級が参加資格だった。
 杉田

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野