業界記事

図書館の建設等盛る/那珂町と瓜連町が合併調印

2004-07-14

 平成17年1月21日の合併を前に、那珂町と瓜連町は12日、センチュリープラザNAKAで合併協定調印式を執り行い、「那珂市」の基本的まちづくり指針となる新市建設計画を公表した。それによる平成16~26年度の歳出総額は1825億6500万円で、このうち工事関連の費用となる普通建設事業費に278億円を掲げた。主な事業として、12月の着工を目指す図書館の整備をはじめ上菅谷駅・瓜連駅の周辺整備、公営住宅の整備、小中学校の大規模改造と耐震補強事業、先端科学関連企業の誘致を実施。一方、県事業として橋梁下部工が進む常陸那珂港山方線(仮・木島橋)や国道118号、常北那珂線(仮・那珂川新橋)、都市計画道路上菅谷下菅谷線、一級河川早戸川改修などの各事業を推進していく。
 当日は、橋本昌県知事や衆・参議院議員、県議会議員を来賓に、各市町の議会議員など関係者が多数出席。協定書の調印を前に、合併方式(瓜連町を廃して那珂町に編入)、合併期限(17年1月21日)、新市名称(那珂市)など27項目が説明された。
 両町長および立会人、県知事が署名した後、小宅近昭・那珂町長は「町誕生50周年の節目に、つながりの深い瓜連町と合併できることを喜びつつ、魅力ある新たな市政を期待したい」と述べ、関谷哲生・瓜連町長が「半世紀にわたる町の歴史に幕を閉じるのは苦渋の思いだが、新たな効果への期待と住民の幸せのため努力したい」と語った。
 この日公表となった新市建設計画は、「自然・地域・ひと・先端科学が融和したまち」を将来像に、土地利用の基本構想、基本方針6項目の施策、公共施設の統合整備、財政計画などに分類されたもの。
 このうち基本方針6項目の施策には、より方向性を示した主要事業として、上菅谷駅と瓜連駅の周辺整備事業をはじめ、土地区画整理事業、公営住宅の整備、公共下水道整備、小中学校校舎等の大規模改造および耐震補強事業、コミュニティセンター整備、図書館の整備、そして先端科学関連企業の誘致などを掲げている。
 このほか県事業として、国道118号整備事業、県道では常陸那珂港山方線(仮・木島橋)および常北那珂線(仮・那珂川新橋)整備、都市計画道路の上菅谷下菅谷線整備、また一級河川である早戸川の改修など、各事業を推進していく。
 一方、建設計画の基盤となる財政計画を見ると、地方税や地方交付税、合併特例債などの地方債を財源に、歳出総額を1825億6500万円とし、このうち工事関連の費用となる普通建設事業費には278億円、維持補修費に31億9000万円を試算している。
 なお、建設関連の主要事業は次の通り(◇は県事業)。
《安全で快適な住みやすいまちづくり》
【防災対策の推進】
◇一級河川早戸川改修事業促進
【交通環境の充実】
◆幹線道路整備事業の推進
◆生活道路整備事業の推進
◇国道118号整備事業
◇県道常陸那珂港山方線(仮・木島橋)整備事業
◇県道常北那珂線(仮・那珂川新橋)整備事業
◇県道那珂湊那珂線整備促進
【土地利用の適正化】
◆地籍調査の推進
【市街地の形成】
◆上菅谷駅周辺整備事業の推進
◆瓜連駅周辺整備事業の推進
◆土地区画整理事業の推進
◆まちづくり事業の推進
◆街路整備事業の推進
◇都市計画道路菅谷飯田線整備促進
◇都市計画道路上菅谷下菅谷線整備促進
◇都市計画道路平野杉本線整備促進
【居住環境の充実】
◆公営庄宅の整備の推進
◆公共下水道整備事業の推進
《豊かな心と文化を育むゆとりある教育のまちづくり》
【学校教育の充実】
◆小中学校の校舎等の大規模改造事業の推進
◆小中学校の校舎等の耐震補強事業の推進
【生涯学習の推進】
◆コミュニティセンターの整備
◆図書館の整備
《活力があり賑わいのあるまちづくり》
【農業の振興】
◆農業基盤整備事業の推進
◆農用地の保全・農地流動化による優良農地の確保
【工業の振興】
◆先端科学関連企業の誘致
【商業の振興】
◆まちづくり事業の推進
◆街路整備事業の推進

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野