業界記事

市内3法人が応募/「原殿園」の指定管理者19年度から建替え

2004-07-13

 さいたま市保健福祉局は、北区宮原町の特別養護老人ホーム「原殿園」の指定管理者を公募、9日までに本拠地を置く3法人が応募した。選定は、庁内の審査委員会で協議し、9月議会の承認を経て決定する。指定管理者は「原殿園」を17年度から1年間、管理・運営を行った後、「原殿園」を建て替える「大宮西部高齢者総合複合施設」の事業主体となり、設計・施工および管理・運営までを委ねる。新施設は19年度に着工、20年度の完成を設定。導入機能は特別養護老人ホーム100床が条件となっている。複合施設建設地は西区宝来地区の5500㎡。
 指定管理者は、18年度に「原殿園」を市から無償譲渡を受ける。以後、指定管理者としてではなく、法人として自主運営し、19~20年度に新施設を整備するとともに、既存施設の解体工事までを完了させる。
 「大宮西部高齢者総合複合施設」は、西区宝来86-1地内、健康福祉センター「西楽園」南側用地で、土地開発公社が取得済み。このうち、5500㎡の第1次開発区域が建設地となる。
 施設計画は、特別養護老人ホームの入所定員100人が条件。
 基本計画は、アールアイエー(港区、電話03-3458-0611)がまとめている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野