業界記事

3分離で近く公告/鶴瀬西交流センター建設

2004-07-13

 鶴瀬西市民交流センター建設を計画している富士見市は、工事発注を建築、電気、機械の3分離の一般競争で、入札執行する。契約は9月議会案件とするため、現在調整を行っている。当初予算で計上した2か年の継続費は、5億1500万円(16年度1億2500万円、17年度3億9000万円)。
 発注については、13年度に建設した類似施設である「ふじみ野交流センター」が建築、電気、機械の3分離で入札執行したことから、同様の形態をとることになった。
 建設地は鶴瀬駅西口地区土地区画整理事業地内、仮換地44街区。敷地面積1300㎡。
 新施設は、RC造3階建て、延べ床面積約1590㎡。内訳は生涯学習施設745㎡、市民交流施設240㎡、子育て支援施設80㎡、そのほかは共用部分(廊下、階段、トイレ、湯沸室、エレベーターなど)。
 各階の配置は、1階に事務、集会室、相談室、プレイルーム、市民活動室。2階に会議室、講座室、調理実習室、美術工芸室、陶芸室。3階には多目的ホールと和室が入る。駐車場は17台、駐輪場は33台収容。
 鶴瀬西市民交流センターは、鶴瀬西地区土地区画整理事業に伴う、鶴瀬西公民館の移設や子育て支援、介護支援等の機能を併せ持つ施設。<1>地域のシンボル<2>地域住民の多世代に渡る交流の拠点<3>学習・文化活動の拠点<4>地域の情報拠点――などの役割を果たす。
 設計担当は、高岡建築設計事務所(さいたま市、電話048-882-6450)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野