業界記事

エムロードに委託/特養「しきしま」実施設計

2004-07-13

 今年度から特別養護老人ホーム(仮称)「しきしま」の建設を計画している赤城村健康福祉課は、工事に先立つ実施設計をエムロード環境造形研究所(赤城村北上野294-1電話0279-56-3678)に随意契約で委託した。同社は基本設計も担当した。工事については、11月末頃の発注となりそうだ。
 同施設は、特別養護老人ホームのほか、デイサービスセンターやショートステイも含まれる総合福祉施設で、建設地は同村敷島地内の保健福祉センター「ヘルシーパル赤城」の西側、旧敷島フルーツ公園跡地の敷地面積4849㎡内を予定している。
 建物規模は、RC造2階建てとなっており、延べ床面積4300㎡程度。定員については、入所50人、ショートステイ6人、デイサービス25人を計画している。
 基本設計によると1階にデイサービス、ショートステイのほか、調理室、食堂、ヘルパーステーションなどを配置し、2階に入居者の居室がレイアウトされる。また、建物中央においては、吹き抜け部分を設けており、明るく衛生的な施設を目指している。
 総事業費は9億7000万円を試算しており、今年度の事業費としては当初予算に工事費は4億6300万円、建設設計監理業務委託費として3400万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野