業界記事

建築は岩井建設/富岡総合病院病棟

2004-07-10

 公立富岡総合病院(管理者=今井清二郎富岡市長)に緩和ケア病棟の設置を計画している富岡地域医療事務組合はこのほど、工事の入札を行い建築工事は岩井建設が1億2300万円、機械設備は高砂熱学工業が6480万円、電気設備は関電工が4600万円、造園工事はアオイが1850万円でそれぞれ受注した。工期は建築、機械、電気が17年1月25日、造園が17年3月20日まで。
 同病院は富岡市富岡2973-1地内で、敷地面積6万2543㎡、施設はSRC造で、健診棟・放射線治療棟・南棟を含めた延床面積は約2万6058㎡。付帯施設として医師住宅12戸、看護婦宿舎50戸、院内保育所、作業棟、車庫棟、駐車場約820台を備える。
 今回の計画は、国道254号バイパス側に位置する南棟の3階部分へ緩和ケア病棟を設置するもので、施工面積は約1000㎡となる。設計は横川建築設計事務所・斎藤建築設計積算事務所JVが作成した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野