業界記事

今年度は24事業抽出/公共事業再評価委員会

2004-07-13

 県の平成16年度第1回公共事業再評価委員会(委員長=佐藤守弘常磐大学教授)が9日に開かれた。今年度の再評価の対象事業は県事業24事業。委員会では、県の担当課が各事業の進ちょく状況や今後の見通しなどを説明、質疑応答を行った。
 委員会では、一定期間を経過した事業を対象に、社会経済情勢の変化などを踏まえて再評価を行い、継続事業の見直し、事業の休止・中止を意見する。委員会は学識経験者など13名で構成する。
 16年度の対象事業は、土木部15件、農林水産部4件、企業局4件の合計23件。今回から河川事業は、別途設置する県河川整備計画検討委員会が評価することになったため、対象事業から除外した。
 委員会は年3回、開催を予定しており、現地調査(2か所程度)も行う。第3回目では最終意見を取りまとめる。
 委員と再評価対象事業は次のとおり。
【県公共事業再評価委員会委員】(50音順、敬称略)
◆委員長=佐藤守弘(常磐大学教授)◆副委員長=山形耕一(茨城大学教授)◆委員=井口百合香(暮らしの企画舎代表)、石田東生(筑波大学教授)、川上美智子(茨城キリスト教大学教授)、川又諭((株)日立ライフ社長)、佐藤政良(筑波大学教授)、鈴木英一((株)ベテル代表)、西村仁嗣(筑波大学教授)、速水智子(プラネット・システム(有)代表)、古川俊一(筑波大学教授)、眞板秀二(筑波大学教授)、森秀男((株)山森会長)。
【平成16年度公共事業再評価対象事業】
 〔農林水産部〕
◆海岸防災林造成事業(成田地区)◆漁港区域海岸環境整備事業(平潟地区)◆地域用水環境整備事業(谷和原北部地区)◆地域用水環境整備事業(鶴沼地区)。
 〔土木部〕
◆道路橋梁改築事業国道118号袋田バイパス◆道路橋梁改築事業国道125号つくばバイパス◆道路橋梁改築事業国道355号石岡岩間バイパス◆道路橋梁改築事業国道355号笠間バイパス◆道路橋梁改築事業美浦栄線バイパス◆道路橋梁改築事業主要地方道野田牛久線◆特殊改良1種事業国道125号大谷バイパス◆特殊改良1種事業国道294号白山拡幅◆日立港改修(重要)事業日立港第5ふ頭地区泊地整備事業◆街路事業水戸駅平須線◆緊急地方道路整備事業都市計画道路姫宮川余郷線◆街路改良事業都市計画道路守谷伊奈谷和原線◆街路改良事業都市計画道路上新町環状線(東工区)◆公園事業鹿島灘海浜公園◆公園事業北浦川緑地◆公営住宅整備事業勝倉団地。
 〔企業局〕
◆水道用水供給事業(県南広域水道用水供給事業)◆同(鹿行広域水道用水供給事業)◆同(県西広域水道用水供給事業)◆工業用水道事業(県央広域工業用水道事業)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野