業界記事

3億投じ2か所にポンプ場設置

2004-07-12

 川越市は、新河岸川激甚対策特別対策事業関連で今年度、古市場と砂下の2か所の排水ポンプ場設置工事を行う。古市場については30日に入札を執行するべく、このほど9者を指名した。砂下は9月メドに工事を発注する。
 東京建設コンサルタント(さいたま市、電話048-642-8935)が詳細設計を担当。古市場ポンプ場は養老橋上流の古市場85-1に設置。毎秒1・2tの処理能力。一方の砂下ポンプ場は、砂地内、みふじ卯の木団地付近に設ける。処理能力は毎秒0・1t。
 市では、新河岸川激甚対策特別対策事業で、8か所のポンプ場設置を計画。今年度の2施設で最終となる。今年度当初予算では工事費3億円を計上した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野