業界記事

コンサル9者を指名/新エネルギー策定プロポ

2004-07-09

 さいたま市環境経済局は、「地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業」で、新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)に申請していた補助交付が決定したのを受けて、同業務策定に伴う業者選定をプロポーザル方式で決定する。すでに9者に指名しており、9日に説明会を開催、22日のプレゼンテーションを経て、今月末に1者と随意契約を締結する。
 同ビジョン策定では、新たなエネルギー源を模索し、未利用エネルギーの活用方法などをまとめる。
 都市部における市内での新エネルギーは太陽熱が中心になると見られ、このほかには給食残飯などの生ごみを利用したバイオマス、風力、下水排熱や、下水汚泥から発生するメタンガスなどについての活用法を探る。
 ビジョン策定にあたっては、学識者、市民らを交えた検討委員会を設置、年4回程度の会議を重ね、コンサルタント業務に反映させる。
 市では、あらせたな公共施設の建設計画時に、新エネルギーや緑化向上などの検討項目を付け加えており、同ビジョン策定とともに、一定のガイドラインも策定したい意向だ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野