業界記事

年度内に基本設計も/総合福祉センター建設

2004-07-09

 総合福祉センターの建設を計画している大間々町健康福祉課は今年度、詳細について検討し、まとまれば基本構想の策定に着手する見通し。また、策定後順調に進めば、基本計画をコンサルへ委託する考え。
 総合福祉センターの建設は、住民一人ひとりのニーズに対応した福祉サービスを提供するため、行政と民間福祉活動との連携を深め、地域住民の参加と支援のもと、在宅福祉を中心としたサービス供給体制の整備充実を図るため浮上した。同町が策定した基本方針の中で、サービス供給の拠点となっている保健センターの充実と新たな保健福祉サービスの供給拠点施設として、総合福祉センターの整備が計画された。
 これまでに、町内関係者で構成する検討委員会内である程度の構想をまとめてきたが、今後は、町民らをまじえて懇談会を実施。その後コンサルへ委託する考え。
 また、今のところ内部には、プールなどの施設を整備する予定から、民間のスイミングスクールなどとも調整を計り、整備を進める可能性もある。
 今年度の当初予算に、基本計画策定懇談会謝礼費21万円、建設予定地測量委託費200万円、基本計画策定業務委託費150万円をそれぞれ計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野