業界記事

来月にも一般競争公告/駅西交通広場整備/2か年で総工費6000万投入

2004-07-09

 多賀郡十王町は、十王駅(旧川尻駅)東西自由通路整備と駅舎改築に続く駅西交通広場整備工事を、早ければ8月にも一般競争入札にて公告する見通しだ。2か年継続で総工費は約6000万円。だが、自由通路整備と駅舎改築の進捗が若干遅れているため公告時期は流動的。自由通路と駅舎の一部供用は秋頃を予定しており、来年3月には完成する見通し。駅西交通広場は来年7月の竣工を目指す。
 十王駅周辺整備事業は、住民の東西横断を円滑化するべく、地下自由通路の新設(L23m、W4・2m、H2・5m)と半地下化する駅舎改築(S造2階建て延べ200㎡強)、そして駅西広場整備を進めるもの。詳細設計は、日本技術開発(株)(東京都中野区本町5-33-11)が担当した。
 先行して進めている自由通路と駅舎改築は、JR東日本に委託して東鉄工業が施工。自由通路やコンコースの躯体、新駅舎をはじめ、ホームの拡幅、エレベーターとエスカレーターの設置及び公衆用トイレの整備の工事等を行っている。
 続く、駅西交通広場工事は、町主体で駅西地区の交通ターミナル等を整備するもの。全体面積が道路も含めて約5700㎡で、タクシープールや一般車の乗り降りスペースを設ける。なお、バス等の大型車は進入出来ない。
 また広場は、約200台の自転車が収容できる駐輪場を南北の2箇所に設置。屋根付きスロープなどを設けて、北側から進入して南側から出る一方通行する。このほか、ベンチやツリーサークルを設置する。
 自由通路と駅舎は、今秋の一部供用を目指して工事を進めているが、若干遅れている。現在、駅西にはストックヤードが盛られているため、駅西交通広場の工事が発注できない状況だ。
 町では駅西交通広場整備工事を、早ければ8月にも一般競争入札の公告で周知して業者を決定する。2か年に及ぶ工事は来年7月に終了する予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野