業界記事

16年度当初予算/消防庁舎建設で測量設計/地域ネット整備に13億円

2004-07-08

 佐渡市の16年度当初予算(6月議会議決)が明らかになった。それによると、一般会計の総額は534億9000万円。うち普通建設事業費は130億6276万6000円となった(補助事業57億8173万円、単独事業72億8103万6000円)。主要事業としては、地域イントラネット基盤整備事業に13億5657万4000円、漁港漁村海岸等整備事業に15億8170万円を投入。また合併特例事業として、新市消防本部庁舎建設に向けた測量設計・造成工事等を実施するほか、深浦小学校・赤泊小学校体育館改築、両津地区老人デイサービスセンター建設、小木こどもセンター建設などの工事に着工する方針だ。
 主要事業及びその予算額を見ると、環境関係では一般廃棄物処理基本計画策定事業に858万2000円。永安館施設整備事業(駐車場拡幅整備、廊下壁面張替え)に682万5000円。旧ごみ焼却場解体事業(両津地区、真野地区)には2867万円を投入し、ダイオキシン類測定調査及び解体見積仕様書を作成する。合併浄化槽設置整備事業(168基)には7962万3000円を計上した。
 芸術文化関係では、佐渡金銀山の世界文化遺産登録事業に5040万円、相川奉行所遺構表示造成盛土工事などに充てる。
 観光振興関係では、観光施設整備事業(公衆トイレ等)に2530万6000円。佐渡インフォメーションセンター整備事業(基本設計)には1000万円を投入する。
 医療・保健・福祉関係では、特別養護老人ホーム建設事業(合併特例事業)に3億8126万1000円、社会福祉法人・佐渡前浜福祉会による特別養護老人ホーム「スマイル赤泊」の建設費及び法人運営費を補助。老人デイサービスセンター建設事業(合併特例事業)には1億5856万5000円を投入、両津地区(鷲崎地内)に老人デイサービスセンターを建設する。施設規模は、W造平家建て延べ約400㎡(標準型・定員8人)。基本設計は石動建築設計事務所(新潟市)が担当。精神障害者福祉サービスの充実事業には4648万4000円、小規模通所授産施設改修工事など。小木こどもセンター建設事業(合併特例事業)には3億2768万5000円を計上し、統合保育園・子育て支援センター・幼稚園の複合施設を建設する。施工地は小木町地内、施設規模はW造平家一部2階建て延べ約1000㎡を想定。設計は(株)渋谷建築設計事務所(新潟市)が担当。
 教育関係では、高千中学校大規模改修事業(合併特例事業)に1億297万円を投入し、入川地内の同中学校校舎棟の大規模改修工事を実施する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野