業界記事

18年度着工目指す/西川口公民館建て替え

2004-07-08

 西川口公民館の建て替えを計画している川口市は今年度、市建築課において基本設計作業に着手する。建設用地は確定していないものの、西川口3丁目地内、通称・白井鋳工跡地(約1775㎡)が最有力候補に挙がっている。
 順調に予算が付けば、17年度に詳細設計業務をコンサルタントへ委託、その後、18年度からの着工を目指す。工事期間は、2か年を想定。施設規模の検討は今後本格化させることになるが、全面的にバリアフリー化する方針。現時点で、12億円程度の工事費を見込んでいる。
 同公民館は、昭和38年に仲町団地(西川口5-2-1)の1・2階部分に建設。市内最古の公民館で、建て替えが長年の懸案事項となっている。
 1階部分は198㎡のホールをメーンに、図書室、保育室、応接室、事務室などを内包。2階は料理実習室、会議室のほか、日本間、講座室などを配置している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野