業界記事

設計を豊田に委託/大袋消防分署移転新築

2004-07-08

 越谷市は、消防署大袋分署の移転新築を計画している。施設規模は他の分署と同程度の約1000㎡を想定。設計業務を豊田設計(越谷市、電話048-962-9089)に900万円でこのほど委託し、年度内に施設概要を固める。早ければ17年度の工事着手を目指す。
 西大袋土地区画整理事業の進捗に伴い移転する。移転先は既存施設(大道329-1)の道路を挟んだ北側。
 新分署は、RC造2階建て、附帯施設として車輌棟の設置を予定している。車輌の配置計画は、消防自動車2台、救急自動車1台。
 既存施設は、プレハブ造平屋建て、建築面積432・54㎡。区画整理事業の進捗を見込み、仮設の分署として平成8年に竣工した。
 跡地の約1000㎡は、土地区画整理事業の事業用地となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野