業界記事

今年度は資料作成/前小屋地区農集排

2004-07-06

 尾島町産業振興課は、17年度から公共下水道事業の一部供用開始に併せて、公共下水道事業の対象外の地域に対して、生活雑排水処理を農業集落排水事業を導入して実施していく方針。今年度は、詳細を詰めて、ヒアリングのための資料作成を行うほか、15年度に引き続き、管路の整備方針や地元負担金の調整など調査を実施。補助採択に向けたヒアリングを受ける方向で事業の進捗を図っている。
 同事業は、14年度から県土地改良事業団体連合会によって調査を実施し、早ければ年度内にも国のヒアリングを受け、補助採択に向けて進捗を図っていく計画。同町では、17年度から公共下水道が一部供用開始となるため、農業集落排水事業を新たにスタートさせることにより、公共下水道事業と併せて水質保全と生活環境の改善を図っていく。
 対象地区は、市街化調整区域にある前小屋地区。同地区は、前小屋・二ツ小屋・武蔵島・南が丘の4地区からなり、計画人口は1800人となっている。今年度に補助申請のヒアリングを受けられなければ、17年度にヒアリングを実施。18年度から一部調査に入る方針。
 今年度の当初予算に、前小屋地区調査設計業務委託として、ヒアリングのための資料作成費90万円を予算化している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野