業界記事

圏央道高架上部中心に/関東整備局の発注予定情報/県内関係は港湾含め181件

2004-07-06

 国土交通省関東地方整備局は5日、7月1日現在の発注予定工事情報を公表した。それによると、本県関係工事(施工場所が茨城県内のもの)は全181件となった。一般競争の対象は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の高架橋工事が中心で、「館野高架橋」「つくば高架橋」「牛久高架橋」「小池高架橋」「吉原高架橋」「阿見高架橋」の6橋と、国道6号日立バイパス「旭高架工事橋」南工区の上部工に着手する。このほか、建築関係では、茨城労働総合庁舎(水戸市)、下館地方合同庁舎(下館市)を一般競争でともに第4四半期に発注する。(第4、5面に発注予定工事一覧)
 管内全体の工事件数は1020件(うち港湾関係43件)で、一般競争32件(うち港湾関係9件)、公募型指名競争175件(同18件)、工事希望型指名競争219件、指名競争556件(同16件)、随意契約38件。このうち、本県関係では全176件の工事発注を予定する。一般競争9件、公募型35件(うち港湾関係2件)、工事希望型39件、指名競争93(同3件)件、随意契約5件の内訳となった。
 このうち一般競争の対象工事は、常総国道事務所の館野高架橋上部その2工事、同その3工事、つくば高架橋上部その7工事、牛久高架橋上部その4工事、小池高架橋上部工事、吉原高架橋上部工事、常陸河川国道事務所の旭高架橋上部(南工区)工事を発注する。
 また、建築では、宇都宮営繕事務所の茨城労働総合庁舎、下館地方合同庁舎の建築工事に着工する。
 茨城労働総合庁舎は、水戸市北見町の茨城労働局と水戸労働基準監督署の合同庁舎を水戸駅南口土地区画整理事業地内に移転新築する。建設規模はRC造地上7地下1階建て延べ5400㎡(工期約24か月)。設計者は昭和設計。
 下館地方合同庁舎は、官公庁施設と民間建築物の整備を総合的に実施するシビックコア地区(下館市稲荷町、根岸町の一部約2・4ha)の中核施設として整備するもの。RC造地上5階地下1階建て延べ4900㎡。総事業費は約14億円で、18年度までの3か年での完成(工期約19か月)を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野