業界記事

大武川第2砂防堰堤を公募/対象は一般土木BかC

2004-07-06

 関東地方整備局富士川砂防事務所は、6日付けで大武川第2砂防堰堤工事(白州町横手地先)の公募型指名競争入札を公告。対象は、一般土木BかCの者で、Cにあっては技術的評価点数が100点以上で県内に、本店、支店、営業所があることとしている。
 契約締結後に施工方法等の提案を受け付ける契約後VE方式を試行するほか、明示した入札参加条件を全て満足する者を全て指名する詳細条件審査型一般競争入札であるほか、指名業者名事後公表の試行工事でもある。
 同工事は、富士川右支川大武川筋に、河床の安定と流出土砂の調整を図るため計画された、コンクリートスリット構造の堰堤を施工するもの。
 堰堤は、土工一式、コンクリート工約7500立方m、石張工約600㎡、仮設工一式の内訳となっている。工期には約15か月を見込んでいる。
 6日から16日を期間に、関東建設弘済会さいたまセンター(埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-262-16、マルキュービル8階)において技術資料作成要領を交付するとともに、電子入札システム等で富士川砂防事務所総務課経理係(甲府市富士見2-12-6)が技術資料を受け付けし、8月23日の入札を予定する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野