業界記事

募集要綱を広報で/借上住宅制度導入

2004-07-03

 民間の事業者が建設する賃貸住宅を市営住宅として一定期間(通常20年間)借り上げる「借上住宅制度」を進めている高崎市住宅課はこのほど、オーナー募集に関する要綱を固め、7月15日号の同市「広報たかさき」で募集する方針だ。
 同市では、中心市街地(245ha)の活性化対策として借上市営住宅の建設を促進している。この制度は、民間の新築共同住宅を同市が20年間一括借り上げを行い市営住宅として供給するもので、これまでに4棟を建設した。
 同住宅に適用となる主な基準は、市が定めている中心市街地エリア内に土地を有し、1団地の戸数は最大20戸程度。1戸当たりの面積は、60㎡程度としバリアフリー化や省エネ化に対応した施設であることなど。このほか、1戸につき1台の駐車場及び駐輪場の確保を条件としている。
 最も新しい借り上げ市営住宅は、新町2-4地内に建設された「ジーフレクあら町」で、10階建て25戸の施設。
 募集期間は7月16日から8月31日までで、提出書類は基本計画書及び計画概要書などとなっている。
 同市では5棟目となる今回の計画について、建設地は特に、東小や南小学校区内を重視する意向だ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野