業界記事

導水工を上期に発注/梅田トンネル補強工

2004-07-03

 県道路企画管理課は、トンネル緊急安全対策事業として梅田トンネルを対象に、補強工事を実施する。
 トンネル緊急対策は、昨年8月3日に上野村乙母地内で発生した国道299号にある父母トンネルで発生した覆工コンクリート片の落下事故を受けて緊急的に実施するもの。
 これまでに、落下事故があった父母トンネル(L620m)及び同じ国道299号ルートの上野村にある乙父トンネル(L168m)と、国道462号ルートの神坂トンネル(L414m、鬼石町保美濃山)、同ルートの魚尾トンネル(L142m、神流町魚尾)、沼田土木事務所管内で片品村の国道120号ルートにある一ノ瀬トンネル(L140m)など、10か所で工事を行った。
 今年度対象の梅田トンネルは、桐生市梅田町4丁目の主要地方道桐生田沼線にあり、延長が271・5m(W8・5m)のトンネル。工事概要としては、湧水を側溝に導く水抜き導水工をメーンに行う。
 工事については、桐生土木事務所から発注され上半期の執行を目指している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野