業界記事

市内初の授産施設/新たな一歩祝う

2004-07-03

 高崎市が精神障害者の生活自立と就労支援を目的に建設を進めていた小規模通所授産施設「すまいる」が1日、オープンの運びとなり、建設された柴崎町2325地内のハーモニー高崎ケアセンター敷地内において開所式が挙行された。式典には、同市の座間助役をはじめ橋爪県議会議員、同市議会の大山副議長、地元区長など多数の来賓のほか、福祉関係者ら約120人が集まり、念願の開所を祝うとともに新たな一歩を踏み出した。
 施設は、通所する障害者に生活指導や作業指導を行う福祉作業所の拡大移行型施設。運営は、精神障害者の家族会が長年の活動努力により法人認可を取得、社会福祉法人プライム(弦巻不二江理事長)として行う。
 弦巻理事長は、「これまで様々な困難や壁にぶつかってきたが、皆様のおかげで開設することができた。いつも微笑みのたえない施設にしていきたい」と意気込みを語った。また、座間助役は、「この施設が、より重要な福祉社会を築くかなめになるように」と期待を寄せた。
 施設概要は、S造平屋建て延べ床面積126・69㎡、定員19人。建設費は約2000万円。設計は同市建築課が担当、施工は建築を須永建設、機械設備を八幡産業、電気設備をマシモ電機が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野