業界記事

S造2層の立駐整備/心臓血管センター

2004-07-03

 県建築住宅課は、県立心臓血管センター敷地内へ立体駐車場の建設を計画している。当初予算には、設計費、工事費など合わせて1億7875万6000円を計上。
 同センターでは、外来手術棟や総合リハビリ棟を増築するなどして施設の充実化を図っており、これに合わせて患者数も増加、外来者等の駐車スペースが慢性的に不足している。このため、現在は倉庫等になっている旧リハビリ棟・旧RI棟(RC平屋建て、延べ床面積約990㎡)を解体して、その跡地へ立体駐車場を整備する。
 規模は、S造2層構造で延べ床面積は約1190㎡。車両の収容台数は100台程度の見込み。
 また、旧施設解体に伴って旧施設と本館の接続部改修や、液酸タンクの移設なども行う。
 これらの整備に関わる実施設計を5日に入札して委託する。履行期間は10月29日までとなっているが、工事を実施する段取りに合わせて解体設計や本館の改修設計等から先行していく予定で、順次工事発注し、来年3月末までの完成を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野