業界記事

温水プール中心に/スポーツプラザの整備

2004-07-02

 北川辺町は、仮称・スポーツプラザの整備を計画している。いまのところ町民からの要望が多い温水プールを中心とした施設を想定。今後は、15年度にまとめた基本構想をもとに、合併の状況を見ながら調査研究を進めていく。
 同プラザは、町民のスポーツ施設に対するニーズ、町民体育館の老朽化および施設能力の不足などから整備計画が浮上。建設地は向古河地内の約3ha。
 これまでの流れは15年度、玉野総合コンサルタント(さいたま市、電話048-858-1501)が担当し、基本構想を作成。この中では、地域の沿革、人口、土地利用、運動施設に関する町および周辺市町などの現況を把握。このほか、利用者および利用地域の検討、導入機能および導入施設の検討・設定、ネットワークを考慮した動線づくりなどに加えて、概算事業費の算出を行った。
 今後の課題として、地区公園の位置付け、上下水道の整備などを挙げている。
 町民体育館(柏戸2037、敷地面積3000㎡)は、老朽化や狭あい化に加え、柔剣道場やトレーニングルームの不備などが指摘されている。施設は1階RC造、2階S造、延べ床面積1982・15㎡の規模。建設年次は昭和53年。所用コートは、バスケットコート2面、バレーボールコート2面、バドミントンコート4面。
 同町では、栗橋町と大利根町との間で17年5月1日の新市誕生を目指して、合併協議が進められている状況。
 同プラザが整備されれば、スポーツレクリエーション活動の普及・振興により、町民相互のコミュニケーションの向上、健康の保持および体力の向上を図る拠点施設となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野