業界記事

ポンプ場へ本格着手/東越谷雨水2分離発注間近か

2004-07-02

 越谷市は、仮称・東越谷雨水ポンプ場と仮称・東町ポンプ場の整備を計画している。このうち東越谷雨水ポンプ場は、ポンプ容量毎秒1・386立方m規模を想定。工事は2か年で進め、近く土木・建築、機械設備の2工種について、一般競争入札の公告に向けた手続きに入る。残る電気設備は、こちらも一般競争で第3四半期に予定し、18年度の運転開始を目指す。一方の東町ポンプ場は、このほど用地測量業務を委託。早ければ17年度で詳細設計に着手し、工事は18年度から3か年程度を見込んでいる。
 仮称・東越谷雨水ポンプ場は、東中学校(東越谷9-3160)の敷地内約800㎡に整備。対象エリアは、東越谷地区の145・1ha。
 主な設備は、ポンプが水中モーター式、口径600mm、吐出量は毎秒0・693立方mを2台設置。
 雨水は、ゲートを設け元荒川に放流させる。水路断面は、2500mm×2000mm。上屋は、RC造2階建て、延べ床面積約276㎡の規模。基礎杭は、長さ約35mを予定している。
 設計を大日本コンサルタント(越谷市、電話048-988-8111)がまとめた。
 発注見通しによる概算工事費は、土木・建築2億5000万円、機械設備1億7000万円、電気3億1000万円を試算している。
 一方の東町ポンプ場は、東町3丁目地内に整備。敷地面積は約1300㎡。用地測量業務は曙測量設計(越谷市、電話048-985-0485)が担当する。
 いまのところポンプ容量は毎秒3・13立方mを予定し、詳細を設計の中で固めていく。
 同ポンプ場の整備により、大相模地区149・2haの浸水被害の軽減を図る。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野