業界記事

用地買収を視野/丹生バイパス計画

2004-07-02

 下仁田安中倉渕線の丹生バイパスを計画している県富岡土木事務所は今年度、用地買収に着手する予定だが、他の事業との緊急性を考慮しながら進めるとしていることから流動的。
 下仁田安中倉渕線は、現道を小中学生などが通学路として使用しているが、歩道整備が不十分なため危険箇所も多く、住民らからの改善要望も強かった。
 これを受け、道路拡幅の計画が浮上したものの、人家連担となっている現道を拡幅して対応するより、新たにバイパスを整備する方が、コストも抑えされるとの判断から、バイパス整備が行われることとなった。バイパスの詳細設計は桜井測量設計(安中市鷺宮957-6電話027-381-2877)が担当している。
 事業は県単独事業として促進する考えで、計画概要は、延長1920m、幅員は11・5m~14mの2車線道、歩道は基本的に両側に設置する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野