業界記事

郷土学習室の建設/6月補正で予算化

2004-07-02

 宮城村(桜井敏道村長)は、6月議会で可決した一般会計等の補正予算を公表した。
 一般会計予算は、減額補正で、既決予算から4310万6000円を減額し、総額を43億2246万4000円とした。
 全体としてはマイナス編成となっているが、追加補正されている費目もあり、土木費は3823万1000円を追加、衛生費は1059万9000円が追加されている。
 主なものとしては、家畜ふん尿処理に関わる法施行を受け、村内には畜産農家が多いことから汚水処理施設整備への補助金を盛り込んでいる。
 このほか、郷土資料学習室建設工事、村道補修工事等が追加された。
 一方、特別会計予算では建設事業に関連する補正は無かった。
 一般会計予算の主な補正細目は次の通り(単位千円)。
【総務費】
◇鑑定評価委託=1、884
【衛生費】
◇畜産環境対策事業補助(村単)=9、750
◇同(国庫)=10、362
【農林水産業費】
◇ふるさと農道測量設計=9、100
【土木費】
◇道路橋梁追跡調査=1、000
◇道路補修工事=20、000
◇道路新設改良測量設計=500
◇道路舗装工事等=8、500
◇物件補償=4、000
【消防費】
◇消防施設修繕=500
【教育費】
◇郷土資料学習室設計=300
◇同、建設工事=5、500
◇多目的広場審判室設置工事=600

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野