業界記事

当初予算額は255億円/松浜橋上流橋で用地取得/116号巻BPは供用へ

2004-07-01

 国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所(茅野牧夫所長)の今年度事業概要が明らかになった。それによると、同事務所の当初予算額は255億3100万円(前年度当初予算比4・6%減)。うち道路事業費に203億500万円、道路環境整備事業費に52億2600万円を投入する。主要事業としては、一般国道113号「松浜橋上流橋」において設計協議を推進するとともに、津島屋地区の用地取得に着手。また一般国道116号「巻バイパス」では改良・舗装工事を推進し、暫定2車線で供用を図る。
 事業費内訳を見ると、道路事業費では交通円滑化事業費に24億2000万円、地域連携推進事業費に111億3000万円、直轄道路維持修繕費に32億2700万円、交通連携推進道路事業費に25億2300万円、雪寒地域道路事業費に10億500万円。道路環境整備事業費では沿道環境改善事業費に13億800万円、交通安全施設等整備事業費に21億4800万円、電線共同溝整備事業費に17億7000万円を配分する。
 主要事業の今年度概要は次の通り※()内は全体計画。
[一般国道7号]
▽柳都大橋(新潟市東堀前通10番町~同市万代島、L1・3km)=秣川岸通~東堀通間の用地取得の完了
▽新新バイパス(新潟市海老ケ瀬~新発田市奥山新保、L17・2km)=新発田IC関連の用地取得の完了、新発田IC橋下部工事を推進
▽新発田拡幅(新発田市奥山新保~同市三日市、L5・8km)=舟入地区~中曽根地区の用地取得を推進
[一般国道8号]
▽新潟地区交通対策(聖籠町藤寄~新潟市下山田、L21・8km)=弁天IC(仮称)の新設工事着手及び供用、竹尾ICの改良工事着手及び完成を予定

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野