業界記事

新潟駅周辺整備の推進を/8項目を要望へ/建設施策に対する提案

2004-06-30

 県土木部は、平成17年度国家予算編成に伴う「建設施策に対する新潟県の提案」を作成、今週末に関係省庁に対して要望活動を行う。今回の提案事項は全8項目。主な事業としては、新潟駅周辺整備推進や交通円滑化のための幹線道路ネットワーク整備(113号松浜橋上流橋、新潟大外環状線横越バイパス・嘉山橋等)、金衛町海岸侵食対策の直轄事業化、湯沢町三俣地区に対する地域振興策の実施などを盛り込んでいる。
 今回の提案内容は次の通り。
[快適な都市・生活空間の創造]
▽新潟駅周辺整備の推進=新潟駅周辺地区を魅力ある、機能性の高い地区とするため、土地区画整理や道路・駅前広場の整備、鉄道の高架化(JR信越本線等連続立体交差事業)を推進
▽街路の整備=「中心市街地活性化基本計画」等に基づく街路整備を進める必要があるほか、都市内の河川や鉄道によるボトルネック箇所の解消を積極的に進め、円滑な交通確保を図る
▽市街地整備の推進=市街地整備の有効な手段として土地区画整理事業、市街地再開発事業の推進
▽国営越後丘陵公園・県営(鳥屋野潟公園ほか3公園)及び市町村都市公園の整備=県営都市公園の整備は全国下位レベルにあるため、地球温暖化対策、都市の防災向上等の課題に対応する緑とオープンスペースを計画的に確保するための整備を推進。また、平成21年開催予定の新潟国体に向けて各種競技会場となる都市公園の整備を推進
▽下水道の整備=安全で快適な質の高い都市を目指し、生活に密着した都市基盤である下水道の整備を推進※平成15年度末の処理人口普及率は53・4%
▽住宅市街地基盤整備事業の推進=<1>住宅宅地関連事業(亀田早通ほか1団地)<2>宅地開発関連事業(パークタウン稲保ほか2団地ほか6か所)
[安全で潤いのある県土づくりの推進]
▽治水対策=直轄及び補助河川改修事業の推進、大河津可動堰改築事業(直轄)の促進
▽土砂災害等防止対策=砂防・地すべり対策事業の推進、急傾斜地崩壊対策事業の推進、雪崩対策事業の推進、土砂災害警戒区域等における警戒避難体制の整備推進、ITを活用した防災情報基盤整備の推進

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野