業界記事

初弾工は17年度/公募による公園づくり

2004-06-30

 公募による身近な公園づくり事業を進めている草加市は、初弾となる仮称・公募第1公園実施設計業務を環研(渋谷区、電話03-3375-2531)に320万円で委託し、残る第2公園の実施設計業務も近く入札執行する考え。実施設計と合わせて今年度はワークショップ形式により、整備計画をまとめ17年度の工事着手を目指す。
 同事業は、15年度から公園用地を公募で取得し、一般会計予算の1%を基準とした予算を投入して、身近に利用できる公園づくりを市民と協働で進めるもの。事業スケジュールは、初年度で用地の取得、翌年度が整備計画の作成、最終年度で工事着手と3か年計画で順次、行う。
 今年度の設計対象は、仮称・公募第1公園(北谷3丁目地内、敷地面積約2000㎡)と同第2公園(弁天6丁目地内、約2600㎡)の2か所。整備内容については、地元周辺のワークショップ形式により、9月ごろから3回程度の会議を行い、詳細を固める。
 今年度事業費は実施設計委託費825万3000円、公有財産購入費4億6279万4000円を当初予算に計上。今年度4月1日現在の公園や広場の現況は、市全体で302園。このうち都市公園は242園で総面積は約37万5000㎡となっている。
 15年度の流れは、応募があった11件の中から必要性や適正などを踏まえ、優先度の高い5か所をまず選定。さらに検討を加え、2か所を公園用地として決定した。
 公園用地の応募条件は、500㎡以上の面積、土地の一辺が連続して公道に接していることなど。応募期間は8月20日(金)まで。選定時期は9月~10月ごろ、売買契約は用地交渉にも左右されるが、17年1月ごろを予定している。
 対象外の区域は、身近に500㎡以上の公園・広場があることや、土地区画整理事業が施行中または終了、市街化調整区域など。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野