業界記事

過去最高の売却額/国有地の一般競争入札実施状況

2004-06-30

 財務省関東財務局はこのほど、平成15年度における管内の「国有地の一般競争入札実施状況」を発表した。
 それによると、売却実施件数は、14年度の1・6倍となる4052件(一般会計3865件、特別会計187件)の一般競争入札を実施し、過去最高の売却額を達成した。これは物納財産について、最低売却価格を公表したことが、購入希望者の探索業務が軽減され、売却の促進につながった、としている。
 15年度の成約率を見ると、首都圏が実施件数3635件で成約件数が3014件(成約率82・9%)、地方が実施件数417件で成約件数が312件(同74・8%)。
 また、28日に公示した未利用国有地の第30回期間入札から、これまでの首都圏に加え、北関東3県(茨城・栃木・群馬)に所在する未利用国有地についても、本局が担当することになった。残る甲信越の3県については、今までどおり各財務事務所で実施する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野