業界記事

協議事項全て終了

2004-06-29

 高崎市と群馬郡4町村、多野郡新町と吉井町で構成する高崎地域任意合併協議会(会長=松浦幸雄高崎市長)の第7回会合が25日、高崎市役所で開かれ、任意合併協議会での協議事項を全て終了し、今後は7月中旬に各市町村議会での議決を経て、法定合併協議会への移行を目指す。
 冒頭、松浦会長は「今回の協議会で全ての協議が終了する。高崎と群馬町で行われた住民アンケートなどの集計では、大きな弾みとなる結果が得られた。現枠組みでの合併が実現できるよう、協力をお願いしたい」とあいさつ。会合では、合併の期日や議員の定数及び任期の取り扱いについて協議し、いずれも合併枠組みが明確化しない中では、調整が難しいことから、法定合併協議会へ移行後に協議することで一致した。7月中旬にも各市町村議会で法定合併協議会への移行を提案するが、箕郷町は参加に向け調整し、榛名町についても7月上旬に行われる住民投票の結果を踏まえて判断していく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野