業界記事

3件の希望業者を公募/電子納品/県内業者向け研修補助等/検査指導課

2004-06-29

 県土木部検査指導課は、県が進めている電子納品について<1>「保管管理システム」のプレゼン<2>県内建設業者向け研修の補助<3>「受注者向けホームページ演習資料」提供-の3件の希望業者を公募している。
 県が計画している保管管理システムは、電子納品された成果品をサーバに一元管理し、それらを関係者が活用できるようにするもの。県では平成18年度からの同システムの運用を目標にしており、プレゼンや実験に協力できるベンダ(ソフト会社)を募集している。
 公募の問い合わせ・応募等は、同課建設情報システムグループ(担当=矢作・舟生)まで。電話029-301-4375。eメールyahagi@pref.ibaraki.lg.jp
 公募の概要は次のとおり。
【電子納品「保管管理システム」の検査指導課へのプレゼン】
 県では平成18年度からの運用を目指し「保管管理システム」の導入を検討している。この導入検討の参考として、市販システム等の性能や特徴を把握したいので、プレゼンあるいは実験への協力が可能なベンダを募集する。
◆募集期間=16年6月~9月。
【電子納品の茨城県内「建設業者向け研修」の補助】
 県では今後、端末を用いた受注者向け電子納品研修を展開したいと考えている。(電子入札では既に実施済み)。そのため、この研修補助(講師やテキスト作成)について協力可能なベンダを公募する。
◆主な条件
 <1>内容は、茨城県の運用に即したもの(例1=写真帳作成を中心とした電子納品の進め方、例2=CAD(SXF)初心者入門)を予定。
 <2>無償(実費相当のみの徴収は可能)。
 <3>県の役割は受講者募集、会場提供、全体概要説明等を予定している。ただし、日程や回数等詳細は協力会社の応募状況や意向を踏まえつつ調整する。
◆募集期間=16年6月~8月。
【電子納品の「受注者向けホームページ演習資料」提供】
 県では、「マンガで覚える電子納品(発注者委託編)」など、ホームページ上で楽しく学べる教材を公開している。しかし、受注者側は各ソフトによって操作方法が異なるため教材作成が困難となっている。そのため、受注者委託編や工事編の「ホームページ研修リンク集」構築を考えており、資料を提供できる協力者を募る。
◆募集期間=16年6月~随時。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野