業界記事

一般会計は8187万円減額/南保育園に債務負担/邑楽町6月補正予算

2004-06-25

 邑楽町(久保田文芳町長)は6月補正予算で、一般会計を8187万円減額、総額を83億1213万円とした。債務負担行為では南保育園移転改築事業に16年度から17年度までで9393万2000円を計上した。
 主な予算計上項目は、鶉地区土地区画整理事業宅地造成工事費に1100万円を追加。同事業は今年度、当初予算に事業費約2億円を計上しており、早ければ10月に区画道路整備150mと130mの2件を発注するほか、補償を4件程度行い進捗を図っていく方針。事業対象地区は施行面積が39・7haで、現在までに仮換地指定が32・8%終了しており、順次工事着手している。工事に先立つ道路設計等は玉野総合コンサルタント(高崎支店=高崎市新町116-1電話027-324-0711)が担当している。
 また、その他には畜産環境対策事業補助金1183万3000円、庁舎除草管理委託32万1000円を盛り込んだ。
 債務負担行為が設定された南保育園は現在、国庫補助を申請しており、移転改築設計監理業務委託について概算設計を手掛けた阿佐美建築設計事務所(館林市台宿町5-7電話0276-26-2255)が担当。今後は補助の内示を待って、早ければ8月にも指名競争入札で一括発注する方針。
 新施設は、既存施設から1km程度離れた篠塚地内敷地面積8500㎡の指導農場跡地で現在は、ごみ収集車の駐車場となっている。このうち4000㎡から4500㎡を保育園用地として利用する。内部は、S造平屋建て、延べ床面積933㎡程度で検討を進めている。また、0・1歳児保育を開始するため、専用の保育室に床暖房等も設置する。さらに、外観は瓦葺き屋根で、全体的に日本的な造り。また、定員は既存施設と同じ90名を予定している。さらに、現段階では畑を設け、耕作実習が出来る環境作りを計画している。今年度の当初予算に工事費3億92万円を計上した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野