業界記事

県に合併申請書提出/常北、七会、桂の3町村

2004-06-25

 来年2月1日に「城里町」として新設合併する常北町、桂村、七会村3町村の各首長と議長は22日、県庁の橋本昌知事を訪ね、合併申請書を提出した。今後、9月の県議会で議決された後、知事が総務大臣へ届け出ることになる。
 この3町村の合併については、15年6月に法定合併協議会を設置。県の合併重点支援地域に指定され、今年2月の第9回合併協議会で新町の名称、合併期日を決定。同5月18日の合併協定調印式後、各町村の議会において今月15日議決されたため、このほど合併申請を橋本知事に提出した。
 同日は、常北町の三村孝信町長・鯉渕秀雄議長、桂村の金長義郎村長・森田勝一議長、七会村の阿久津藤男村長・福田定夫議長らが同行。
 三村町長が、合併申請書に加え、「東茨城郡」への所属を求める要望書を提出した。
 なお、合併後の人口は今年6月末現在で計2万3007人(県内37位)、面積は計161・73平方km(県内16位)。
 新町建設計画の主な事業は、町村事業が<1>生活道路整備事業<2>コミュニティバス整備事業<3>水道配水緊急連絡管整備事業<4>合併市町村振興基金設置<5>消防体制一元化推進事業<6>グリーンツーリズム施策推進などー。県事業は、<1>国道123号整備事業<2>主要地方道笠間緒川線整備事業<3>一般県道 高野石塚線整備事業<4>一般県道阿波山徳蔵線整備事業<5>一般県道常北那珂線整備事業<6>一般県道鶏足山線整備事業<7>一般県道鶏足山片庭線整備事業<8>一級河川藤井川改修事業<9>一級河川大谷原川整備事業<10>県営農林漁業揮発油税財源身替農道整備事業<11>飯富・岩根・那珂西地区畑地帯総合整備事業<12>ふるさと農道桂地区整備事業<13>県営かんがい排水事業(那珂川沿岸地区)<14>県営かんがい排水事業(排水対策特別型)<15>中山間地域総合整備事業<16>藤井川水辺の楽校整備事業(安全な水辺の整備)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野