業界記事

建設地は新穂正明寺に/事業費14億/トキ野生順化施設建設へ

2004-06-24

 環境省及び新潟県は、トキ野生復帰に向けた順化訓練施設の設置について検討を進めていたが、このほど建設地を「佐渡市新穂正明寺(しょうみょうじ)地内の約20haの区域」に選定したことを明らかにした。
 建設地は、佐渡トキ保護センターから直線距離で南東3・5km、標高約150mに位置する。餌場となる水田跡地や沢、湿地に加え、ねぐらとなる樹木、冬場の餌確保に必要な地下水がある山林のため、建設場所として適していると判断した。
 順化施設の整備概要は次の通り。
▽順化ケージ(面積5000㎡の規模)
▽繁殖ケージ(8棟建設)
▽収容ケージ(保温室、野外室)
▽管理棟(事務室、治療室、モニター設備等の諸室)
 順化施設の建設費用としては、約14億4000万円(用地費を含む)を見込む。
 環境省が新潟県に施工を委任し、今年度から平成18年度までの3か年で工事を実施する。今年度の事業費は約4億9000万円で、用地を取得するとともに、アクセス道路を建設する方針だ。
 整備に係る基本設計業務は在京の(株)プレック研究所が担当している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野