業界記事

廃校活用し交流拠点/盛金WAC/山方町が県内初認定/地域再生計画

2004-06-23

 那珂郡山方町が政府に認定を申請していた地域再生計画「盛金WAC(ワック)ローカルアクティベイション」が、このほど内示を受けた。この計画は、廃校の旧盛金小を活用して民間団体やNPO法人による都市農村交流活動拠点へ再生するもの。県内初の認定となる地域再生計画は、21日の認定書授与式で正式に認定される。
 盛金WACローカルアクティベイションは、政府が地域経済の活性化や雇用創出に向けて地域の再生を支援する「地域再生プログラム」に基づき、先月14日に申請していた。
 WACは造語で、里山保全などボランティア活動をしながらキャンプするWork camp、単なるスポーツ等の体験でなく仲間と連携し目的達成を目指すチームビルディングプログラムであるAdventure education、都市・地方交流City and local exchangeの、それぞれ頭文字を用いた造語。
 計画では、昨年3月に廃校になった旧盛金小の校舎を活用して、民間団体やNPO法人が都市と農村との交流や文化事業に利用していく。
 支援措置として、施設を目的外に使う時に発生する地方債の一括償還(公共施設の転用に伴う地方債繰上償還免除)や、補助金で整備された公立学校の廃校校舎等の転用弾力化(建設にかかる補助金の返還が必要なくなる)が適用される。
 なお、地域再生計画は今回で、全国214件が認定の内定を受けた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野