業界記事

箱島団地の造成工へ/水道・下水を振り分け/吾妻東村6月補正

2004-06-22

 吾妻郡東村(唐沢保八郎村長)は6月議会で議決した補正予算内容を明らかにした。それによると一般会計は2125万2000円を減額し、総額を16億200万3000円とした。建設関係では、主な補正は見られなかったが、特別会計で、これまで地域開発事業特別会計に計上されていた箱島住宅団地造成工事費8400万円のうち、水道に係わる工事分と下水道に係わる工事分が簡易水道特別会計と農業集落排水事業特別会計に振り分けられ、それぞれ測量設計委託費100万円、工事費800万円と測量設計委託費50万円と工事費750万円を計上した。一方、造成工事費については1700万円を減額し、6700万円とした。
 今年度から新規事業としてスタートした箱島住宅団地整備事業は、近く測量設計業務を委託し、秋頃には造成工事に着手したい方針で現在準備を進めている。
 同事業は、宅地分譲のため実施するもので、村内若年層の定住化を図るほか、村外からの定住による人口増加策の一環として行われている。対象となるのは、箱島地内の主要地方道渋川吾妻線と国道353号を結ぶ中央橋東側の7788㎡の敷地。区画は、20区画程度となる予定。17年度からの分譲開始を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野