業界記事

近く実施設計を/大平原配水池築造

2004-06-19

 大平原配水池の築造工事を計画している高崎市水道局工務課は近く、実施設計を発注する。本体工事については、既存配水池の解体工事も含め、上期中に発注する考えだ。昭和49年に築造された既存配水池の老朽化に伴い、改築するもので、場所は乗附町の山頂に位置する。
 既存施設はRC構造で105t級。新配水池の構造はステンレス構造で490t級と大幅に拡大する。
 給水区域についてはこれまでと同様に乗附、鼻高の高地区及び安中市の大谷地区。15年度には姥山配水池(143t級)の築造工事を実施している。
 当初予算には、設計委託費600万円、築造工事費1億7000万円のほか、拡幅用地購入費として520万円をそれぞれ計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野