業界記事

初弾工を22日に/公共下水1000mの整備

2004-06-18

 大胡町生活環境課は公共下水道整備で、今年度に行う管路工事の第1弾として22日に約700m分を3工区に分けて入札執行する。
 今回発注するのは、16-1、2、3工区。1工区はφ200mmを255・4m、2工区は200mmを86m、300mmを129m、3工区は200mmを121・3m、350mmを115・5m、それぞれ施工。管種は、いずれも塩ビ管で全て開削工法で埋設する。今年度は、約1000mを促進する計画で当初予算には工事費1億4800万円余りを計上している。
 同町の下水道整備は、290haを全体計画区域として設定しており、このうち現在の認可面積は、大胡、堀越、茂木、上大屋、河原浜地内の194・2ha。汚水は、玉村町にある県の県央処理施設で処理している。
 15年度末の進捗は約130haが整備済みで、県の県央流域下水道認可面積の変更に合わせて今年度内に拡大申請する方針で準備を進めている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野