業界記事

基本設計と耐震診断を/大生郷特定公共下水道事業

2004-06-18

 水海道市は、大生郷特定公共下水道事業で処理施設の基本設計と耐震診断業務を日本下水道事業団に委託して進めている。今年度は、建物の耐震診断業務と基本設計を進め、来年度から実施設計に着手する計画だ。順調ならば平成18年度からの着工を予定している。
 大生郷地内にある処理施設については、供用開始から22年が経過しているため、施設内の各所で老朽化が進んでいる。このため、今月から建物の
耐震診断と改築に向けた基本設計に着手する。また、電気・機械設備部分についても更新工事を実施する方針だ。
 耐震診断については、日本下水道事業団(東京都港区)に委託。その後、改築に向けた基本設計についても同事業団が策定する。工期は今年度末までの予定となっている。来年度からは、実施設計と年次計画などの策定を進める予定となっており、順調ならば18年度からの着工を予定している。
 施設は、管理棟と機械棟、処理槽から成っており、一日あたりの処理能力は約5500立法mの規模で稼働している。
 事業費については、今年度当初予算の大生郷特定公共下水道事業会計に改築事業・処理場改築設計委託として、1980万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野