業界記事

7月に土地利用計画/IC周辺まちづくり整備

2004-06-16

 北本市は圏央道IC周辺まちづくり整備事業で、7月に土地利用計画策定業務を委託する予定となっている。実績のあるコンサルタント5~6者程度に企画書の提出を打診し、最優秀の1者と契約する運び。
 地区住民の意見を取り入れながら、整備内容のたたき台を年度末までに仕上げ、17年度は事業計画の策定作業に着手する。また、これまでは年に1、2回程度の開催だった地区懇談会を、今年度は7、8回開く予定となっている。
 対象エリアは、仮称・桶川インターチェンジに隣接する、中丸8・9丁目の約56ha。現在は市街化調整区域の位置付け。15年度に調査・検討業務を東武計画関東支店(さいたま市、電話048-645-3381)の担当で行っている。
 テーマは、「住・商・農の調和がとれ、活力とうるおいのある新たな北本の顔づくり」と設定している。市ではこれまでに、商業・流通系の土地利用を想定。また、8丁目(約28ha)で組合施行の区画整理事業立ち上げも視野に入れている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野