業界記事

9月議会案件で準備/建築、機械など3分離/統合保育所建設工事

2004-06-15

 須玉町は、町内5箇所の保育所の統廃合に伴い計画する統合保育所の建設事業で、先月から敷地造成工事(深沢土木工業が請負)に着手しているが、本体工事については9月定例町議会での請負案件の上程をメドに入札準備する。同保育所はRC造平家建て、延床面積約2000㎡の規模。発注形態は建築、機械設備、電気設備の分離になる模様。
 町内の若神子、穂足、多麻、津金、増富の5箇所の保育所の統廃合に伴い整備が計画される同統合保育所は、穂足地内の現穂足保育園に隣接する約1万㎡の用地に新たに建設を計画するもの。昨年度までに馬場設計(甲府市塩部)の担当で施設の実施設計を仕上げるとともに、周辺道路の整備工事なども完了している。
 新たな統合保育所はRC構造の平家建ての建物で、延床面積は2000㎡を予定。ゼロ歳児から5歳児までの保育室、乳児室など全7部屋を完備するほか、遊戯室、ランチルームなどを配置する。また、設備面では全保育室に床暖房設備を導入。紫外線対策などに配慮し、加温式の温水(夏季のみ利用)による園児用の室内プールも設ける予定。
 町の今年度当初予算で同建設工事費として6億3500万円余を計上しているが、今年度に補助金の満額確保が見込めなくなったため、6月定例町議会で来年度の継続費を設定、予算調整を行う予定で、施設の完成は来年夏頃になる見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野