業界記事

条件付一般競争を試行/設計金額3000万円以上対象に

2004-06-12

 真壁郡協和町は、今年度、設計金額が3000万円以上の建設工事を対象に条件付一般競争入札を試行的に導入する。参加資格者は、設計金額により3つに分けることとし<1>3000万円以上5000万円未満は町内に事務所を有する業者<2>5000万円以上7000万円未満は、町内もしくは筑西広域市町村圏(8市町村)に事務所を有する業者<3>7000万円以上は町内もしくは県内に事務所を有する業者-とする。一般競争は今年度は2~3件の工事で執行していく見通しで、早ければ第2四半期にも初入札を行う。
 同町ではこれまで、主に指名競争で請負業者を選定し、一般競争は実施していないが、入札制度の透明性を高めるため、入札制度を一部改正し、条件付一般競争を試行的に導入することにした。
 対象工事は、設計金額が3000万円以上の建設工事で、設計金額によって参加資格者を限定する。また、一般競争対象工事について、経営事項審査結果通知書の年間平均完成工事高が7000万円以上の業者を参加資格者とする。
 その他、希望価格を事前公表し、予定価格は92%から94・9%の間の金額を入札場所において「くじ」で決定する。対象故事は町の掲示板およびホームページで公表する。
 町では今後、詳細について検討を進め、早ければ第2四半期から一般競争を適用する見通し。
 導入する一般競争入札の概要は次の通り。
◆工事の対象=建設工事の希望価格(消費税抜き)3000万円以上。
◆入札回数=1回
◆入札参加業者=入札参加条件を満たしていれば参加できる。業者数の制限なし。
◆希望価格の公表=事前公表。
◆予定価格の取扱い=希望価格の92%から94・99%の間で入札場所において「くじ」で決定する。
◆最低制限価格の取扱い=「くじ」で決定した予定価格の80%。
◆工事発注の掲示=掲示板による掲示及びホームページでの公表。
◆参加申請書(ダウンドーロ可)=様式第1号、第2号、第3号、第4号、第5号
◆参加申請書の提出=持参及びファックスによる送信(送信後電話で確認する)
◆設計図書の閲覧等=総務課で閲覧、貸し出し。
◆入札立ち会い人=「くじ」の採用により1入札案件3名に限定。
◆入札参加者の公表=掲示板による掲示及びホームページでの公表とする。
◆入札結果の公表=掲示板による掲示及びホームページでの公表とする。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野