業界記事

「不法投棄防止強調月間」で/車両一斉検査実施/茨城県監視活動を本格化

2004-06-11

 県は、6月を「不法投棄防止強調月間」と定め、各種パトロール、ポスターやチラシなどによる啓発活動、車両一斉検査などを実施している。2日には、県警察本部前のペデストリアンデッキで「一斉パトロール出陣式」を行い、廃棄物の不法投棄撲滅に向けて監視活動へ出発した。
 不法投棄防止強調月間の活動内容は次のとおり。
◇実施主体=県、県警察本部、市町村、(社)茨城県産業廃棄物協会、(社)茨城県環境保全協会。
◇スカイパトロール=ヘリコプターによるパトロールを県北、鹿行、県南、県西の各地域で実施する。
◇ランドパトロール=自動車によるパトロールを県北、鹿行、県南、県西の各地域で実施する。
◇啓発活動=ポスター、チラシの配布。
◇車両一斉検査=産廃運搬車両について、運搬状況や積荷の種類などを検査し、不適正処理の車両を発見して指導する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野